トリセツの標準化の普及と認定を行うNPOです。

2018年 4/20 製品安全シンポジウムのご報告(JTDNA)

  • HOME »
  • 2018年 4/20 製品安全シンポジウムのご報告(JTDNA)

第10回 JTDNA製品安全シンポジウム2018
テーマ:「こどもたちの製品安全」

当協会は、10年以上にわたり、「つなぎ手」として、主に「つくり手」側に視点を置き、「製品の安全・安心」における様々な研究や検証システムの開発、「製品の誤使用」を予防する
“取扱説明書ガイドライン”の基礎づくりなどに取り組んで参りました。
産業革命以降、英米型資本主義に引導されてきた日本の産業や事業経営は、英米と同様な社会問題を起こしてきております。
私たちも「つくり手」に主眼を置いてきましたが、近年「つくり手」と「つかい手」の主従のバランスが崩れてきているとも云えます。
この先、当協会が真の社会貢献を実践するうえで、安全・安心の社会を見つめる視点や視座を一度、リセットし、新たな目線を持ちたいと想います。
「つかい手」全般、所謂「民意」にもっと傾聴すべきという立場です。
今年度は、未来を創る「民意」の一つ「こども目線」に着目してみたいと想います。
先入観や固定概念が無い「こども目線」や「こども視点」から社会の安全・安心がどう見えているかを軸にシンポジウムを進めていきたいと想います。

「世界こどもサミット」( https://wcs.gift/ )という機関があり、昨年来、交流が始まりました。
このサミットで活躍している“こども”を招聘し、固定概念に陥りやすい私たち“おとな“と忌憚なく”視点交換”を行ない、社会の安全・安心を阻害する危険やリスクについて語り合えたら幸いです。
また、”こども”には冒険心や未知への挑戦心があります。
“冒険と安全”、“挑戦と安全”といった“こども”の成長には欠かせない領域にも踏み込んでみたいと想います。

世界こどもサミットについては下記の動画をご覧ください。
【第1回世界こどもサミット ダイジェスト版 3分動画】
https://www.youtube.com/watch?v=PT65ITpx4QY

日 時:H30年4月20日(金)
受付開始12:30 シンポジウム開始13:00 終了16:10
会 場:板橋グリーンホール(東京)601会議室
東京都板橋区栄町36-1 http://www.itabun.com/facility/index.html
参加費:無料(どなたでも参加できます)
定 員:120名

Session1:
・主催者挨拶

・会員表彰 ※昨年度、製品安全(PL対策)に貢献された個人・団体を表彰しております。

有限会社栄工業様

東北工業大学様

・来賓ご挨拶 消費者庁消費者安全課課長 野田 幸裕様


・来賓ご挨拶 一般社団法人 PL 研究学会会長 大羽 宏一様

Session2:
・こどもたちから見た製品安全の発表
世界こどもサミットのこどもスピーカー「染谷朋迦くん」と「萱生聡志くん」
(身の回りの危険と事故防止、そして安全の確保など、こどもたちの視点と発想による自由発表から、大人への気付きを促す)

・休憩(賛助会員などの製品安全の取り組みの展示をご覧いただきます)30分

Session3:
パネルディディスカッション
・染谷朋迦くん
・萱生聡志くん
・伊藤美由紀様 東北工業大学ライフデザイン学部准教授
・加藤絵美様 NPO法人親子消費者教育サポートセンター理事長
コーディネータ: 渡辺吉明 JTDNA会長

終了

チラシPDFダウンロード

PAGETOP