既にお知らせの通り日本(世界でも初と思われます)で始めてPL法施行20年目にPLを専門に研究する学会が誕生しました。当協会で積み上げてきた取扱説明書ガイドラインに始まるPL検定や最新PL対策はこれからこの学会にて、日本を代表する学者の皆様にて3分野にて研究が開始されます。

  • 製品リコール研究部会:最新リコール対策を引き継ぎます。
  • 消費者対応研究部会:取扱説明書ガイドライン、PL検定、それに必要な教科書等を引き継ぎます。企業のPL対策のガイドも発行する予定です。
  • 法律体系研究部会:PL法の見直し、ADR促進のための関連法の見直し、広告や本体表示、保険関連法など多岐に渡り消費者法専門家などにより研究を行います。

総会の第2部以降を一般の方に公開し、今後の動向などをお伝えします。是非ご参加ください。リコール関連に重きをおいた内容になります。講師の越山先生は消費者庁事故調査委員会やniteのリコール関連に深く関わる方です。

  1. 総会は7月4日(土)午後2時からが一般参加可能になります。
  2. 製品リコール研究部会は6月19日(金)午後3時からになります。

詳しいご案内は

http://aplics.org/index.php?FrontPage