参加者各位

シンポジウム参加の御礼

4月17日の当協会シンポジウムには、ご多忙の中多数参加いただき、お影様で盛会で実施する事ができました。

会員を代表し厚く御礼申し上げます。

 

昨年までは行政から登壇いただき情報提供をお願いしましたが、

今期からは8一社)PL研究学会が設立され、いわゆるPLについての日本を代表する方々が集結してくださいました。

 

当日は各先生方におかれましては大学の講義等のご都合もあり登壇できませんでしたが、

大羽会長、梁瀬名誉顧問、長谷川教授から、今までのPL=L法という閉塞感を取り払った

「新PL学」、特に製品リコール・関連法制・消費者対応などの部会を通し、皆様と共に実効性のある研究を進めていきます。

 

当協会はこの学会の研究成果を具体的に皆様の事業に反映するためのお手伝いをする事に専念し、PL検定や専門講習などでプロを育成することとします。

どちらも個人で参加するも、法人団体で参加するも目的に応じて選択してください。

 

製品リコール研究部会は

部会長の越山先生の研究室 千葉工業大学津田沼キャンパスで6月19日(金)15時〜17時

 

総会イベントは

同じく千葉工業大学で7月4日(土)13時から開催が決定しました。

※詳細はPL研究学会ホームページ http://aplics.org

 

部会ではその世界では日本を代表する先生方が集結します。

私も部会員として参加し、私の研究してきたリコール対策等も含め、すべてこの学会にて評価をして頂きたいと思う次第です。

 

なお、当協会の今後の活動については、来週、PL検定2級試験が実施され、今後の勉強会、専門講習等の日程が順次公表されます。

PL研究学会と当協会は最良の協力関係で今後も最新PL対策の普及啓発を進めていきます。

 

以上、御礼方々ご案内申し上げます。

平成27年5月吉日

特定非営利活動法人 日本テクニカルデザイナーズ協会 会長 渡辺吉明