新年明けましておめでとうございます。

2015年、今年はPL法施行20年目の節目です。同法律施行10年目、2005年にこの協会が立ち上がりました。あれから10年、この協会の提唱する取扱説明書の役割や目的など、それを軸にしたPLP(PL事故予防策)、迅速な初期対応を可能にするためのPLD(事故発生後対策)も、この10年で、最新のGS1QRコードとこの協会のガイドラインに則したモバイルコンテンツとしての取扱説明書を利用し、リコール対策をも網羅した「最新のPL対策」として間もなく発表されます。

設立当時は、業界団体などでいわゆる「PL法対策」としての注意書きの延長で取扱説明書のガイドなどを発行していました。今ではこの協会の発行する「取扱説明書ガイドライン」が主たるものとして注目されています。

そして、昨年設立した「PL研究学会」には、僅か半年で、PLの関係では日本を代表する方々が集結してくださり、学会としてPL法施行20周年記念イベントを7月1日に予定し、当協会も全面的に支援することとしています。

それに先駆け、今年3月3日から東京ビッグサイトで開催される「リテールテッックJAPAN2015」のセミナーにて、「GS1QRコードを利用したリコール対策」を公表させていただきます。

昨年はその前段の概念的な公表を行いましたが、今回はモバイルアプリとして、流通小売事業者やPOSシステム、プロバイダー、携帯キャリア、データベース関連事業者などに向けて発表します。

GS1という流通情報の世界標準、世界の工場である中国での様々な問題と脱チャイナリスク、未開発の大きなマーケットとして東南アジア進出がすでに動き出しています。全ての産業及び事業の根幹となる「PL」という考え方、そしてその目的を達成するための正しいPL対策、更にその基本は当協会のガイドラインに示した取扱説明書です。今年も一年、当協会の活動について、皆様のご支援をお願いします。

 

平成27年 元旦

 

特定非営利活動法人 日本テクニカルデザイナーズ協会

理事長 渡辺 吉明