平素は当協会の活動をご支援いただき、ありがとうございます。
平成7年からPL対策の研究を開始し、当協会にてこれらの研究を、当協会にて10年、賛助会員、正会員などのご協力で、取扱説明書のガイドライン、最新のPL対策、特にリコール対策など、多くの研究成果をあげることができました。
それらの成果を多方面から評価いただき、本年4月より、東北工業大学に『デザインとPL』の研究室が立ち上がり、学長はじめ、多くの学識者、研究者などのご賛同いただき、『新PL学』を本格的に研究する一般社団法人PL研究学会設立が決定しました。本年11月1日に、当大学にて、消費者庁、文部科学省他、多数の後援・協賛を得てシンポジウムを開催することになり、これらを受け、PL対策などの本格的な研究の場を仙台に移すことを決定し、現在の池袋の本部事務所を閉鎖し仙台に移転することになりました。東京での連絡拠点も板橋に移転し、引き続きセミナー、講習会などをおこなってまいります。
尚、今まで、ご来所いただき無料相談を対応しましたが、本部スタッフが多忙になり、正会員、準会員、賛助会員などを除き、メール対応もしくは、所定の費用をご負担いただくこととさせて訪問対応とさせていただきます。移転後の業務内容などはホームページに詳しく掲載しますので、併せてご覧ください。

移転予定日:10月1日~5日(この間は連絡が取れません)
本部移転先:〒982-0823 宮城県仙台市太白区恵和町35-28
電話:050-6865-5180
FAX:03−6915−5824
※メールアドレス、URLは変更ありません

JTDNA事務局